猫でも出来るツイッター

ツイッターの機能の説明からツイッターで生まれたニュースや事件まで幅広くお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツイッターのBOTの良い使い方

この前の記事ツイッターBOTとは なんなのか?
という記事でBOTに対しての基本的な説明とBOTの悪い部分を重点的に書いたので

今回はBOTの良い部分であったり、良い活用法について書こうと思います。


BOTの活用方法その1

前の記事でBOTは色々なつぶやきを自動で行ってくれると書きました。

自動で行ってくれる機能の中にはブログやサイトを更新したら

ツイッター上に自動で告知してくれるというものがあります。

その様な機能をヤフーニュースやニュースサイトが対応していると

最新ニュースが入り次第、BOTでつぶやかれるということです。

ツイッターには現在、たくさんの新聞社や通信社のBOTが

公式、非公式関わらず存在しています。

例えば、朝日新聞のBOTをフォローすれば朝日新聞の最新ニュースが

出来上がるたびに、ニュースの要点を

140文字以内にまとめた物をつぶやいてくれる訳です。

他にニュースに限らずに、今売れてる本をリアルタイムで知りたいなら

本の売り上げランキングサイトの様なBOTをフォローすれば良いし

ジャンル別にランキングを見てみたい場合は

映画、ゲーム、音楽、アニメ、少年漫画、少女漫画、成人漫画等

カテゴリーが細分化され、自分の知りたい情報を常に仕入れる事が出来ます。

ランキングに限らずに、明日の新刊や休刊情報等、仕入れたいカテゴリの

情報があれば、それに特化したBOTをフォローするだけで自動的に

情報をインプットする事が可能となるのです。もちろん本に限った話ではなく

株FXから野球やサッカー、注目のテレビ番組やラジオ番組等

またはマイナーな卓球情報とかまでないものはないと言っても過言ではない程

幅広く用意されています。

ニュース等の情報を届ける主な有名BOT

朝日新聞
毎日新聞
日本経済新聞社(非公式)
共同通信ニュース(非公式)
ライブドアニュース
グーグルニュース
全国の地震速報
お天気ニュース
1時間ごとのドル、ユーロ、ポンド、NZドル、豪ドル
ゲームの速報(ファミ通)
音楽のニュース
和書売れ筋ランキング
映画売れ筋ランキング
少年漫画売れ筋ランキング
少女漫画売れ筋ランキング
食べた物のカロリーを教えてくれるbot

等あります。


BOTの活用方法2

私は英語が話せるようになったり、なりたいなと思ってます。

その為には勉強が必要です。とはいえ実際に勉強するとなると

ついテレビやゲーム、または漫画など身の回りの誘惑に負けて

思い通りに進まない。そんな自分の意思の弱さに反省しつつも

何度も反省と惰性を繰り返す毎日です。

もちろん遊ぶ時は遊ぶ、勉強する時は勉強する!

これがベストだとは思います。

ただ気持ちを切り替えて、それを継続するのはなかなか難しいです。

だったら、ツイッターで友達との楽しく話をしている中で

強制的に英単語が目に入ってくる様な状況が出来たなら

多少は為になるのではと思います。

全くやらないの少しでもやるのでは、少しでもやった方が良いに決まってます。

という事で、英単語をつぶやき続けるようなBOTもあるんです。

もちろん英単語以外でも、数学の問題であったり、四字熟語等色々とあります。

2のまとめの有名なサイト



英単語をつぶやいてくれるbot
 TOEIC必須英熟語をつぶやくbot
数学の問題をつぶやくbot
四字熟語とその意味をつぶやくbit
簿記用語をつぶやくbot
刑法をつぶやくbot
面白い雑学を呟くbot
日本史年表をつぶやくbot
ことわざとその意味をつぶやくbot
孫子の言葉をつぶやくbot

などなど

まとめとして

パソコンでインターネットを覚えてから、ヤフーのニュースに比べて

テレビのニュースって遅いなぁ・・・って思いました。

ツイッターを初めてからは、ヤフーのニュースって

情報が遅いなぁって思い始めました。

基本的にニュースって今までは3つの工程を終えてから、初めて情報として届けられていたと思います

1に直接現場で情報を取材をしたり調べる記者。

2にその情報を記事にして、その記者所属のニュースサイトに記事をあげる

3にそのニュースが話題になったので、テレビ等が取り上げる。

ツイッターの出現により、1の段階で情報を仕入れられる様になりました。

芸能ニュースにしても、この前、お亡くなりになられましたが

梨本勝さんは、芸能人のスキャンダル現場での様子を

現場で張り込みながら、直接つぶやいたみたいです。

また、スキャンダル等があれば、鵜呑みにしてしまうのではなく

直接本人に聞いたり、政治の問題なら政治に詳しいジャーナリストに

直接ツイッターで聞いてみる等、今のテレビ中心より

圧倒的に情報を正確に手に入れる事が出来るのではと思います。


自分の求めるBOTがない場合

自分の欲しいBOTが、このブログ内でない場合はグーグルで検索して下さい。

グーグルで見つからなければ、自分で作るなんて事も出来ます。

これが自分でBOTを作るサイトです。http://twittbot.net/

ただし、作った際は出来る限り相手に対して不快に思われない様にしましょう

機能的には30秒に1回つぶやくだとかに設定をする事は出来ます。

ただ、どうでも良い事を30秒に1回、24時間つぶやかれたら

ただの迷惑でしかありません。恐らく短期間でアンフォローされ、フォローワーが

居なくなってしまうか、もうすでに嫌気がさして使わなくなった

無人の相手のタイムラインにつぶやく形になってしまいます。


BOTが邪魔だからどうにかしたい。

前の記事でも書きましたが、普通にアンフォローしたり、ブロックする事をオススメします。

BOTに関しては無人なので、いくら喧嘩したとしても

全く意味がありません。

BOTだけじゃなく、人でも同じ

嫌いな人、嫌なつぶやきをする人、全てアンフォローかブロックをするべきだと私は思います。

私もあまりにも自分との意見が違う人間に対して

どんどんアンフォロー(フォロー解除)を行っています。

仕事や義務ではなく、遊びの一種なので、自分が不快に思うものを

排除するのは当然の事だと思います。相手をフォローしてしまったのは

自分自身なのですから。

仮に貴方の悪口を言われていて、アンフォローしてしまうと

なにをつぶやかれるかわからない…そんな状態になったら

名誉毀損で訴えるか、気にしないかのどちらかの選択しかないのです。

警告をしても止めない人間は愉快犯の恐れがありますので

厳重に対処しないと、いつまでたっても解決はしません。

フォローしたBOTによっては

ひとつBOTをフォローしてしまうと、BOTによって24時間休まずに

つぶやき続けてしまうので、つぶやく回数が多すぎて

画面が全部BOTのつぶやきで埋まってしまう事があります。

そうなったら、友達のつぶやきや大事な人のつぶやきが埋もれてしまって

困ってしまうと思います。

そうゆう時に使えるツイッターの機能があります。リストと呼ばれる機能があります。

そのリストの使い方についてはまた近い内に書きたいと思います。
botとは有効利用もされるのですね。
すごく勉強になりました。
ありがとうございます。
[ 2010/09/14 23:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

楽天


相互リンクRSS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。