猫でも出来るツイッター

ツイッターの機能の説明からツイッターで生まれたニュースや事件まで幅広くお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

猫でもわかる グルーポンとは

最近グルーポンというのがすごい速さで広がりを見せています。

ここ数ヶ月の間で、グルーポンって単語を聞いた事がある人はたくさんいる事でしょう

ただ、グルーポンってなに?っと聞かれたら良くわからない人が多いのではないかと思い

ちゃんと調べてみました。

まずは本当に流行ってるのか?

そして、今後本当に流行っていくのか?についてですが、


グルーポンを運営する企業を調べてみる限り

有線ラジオ放送最大手と呼ばれるUSENや

フロムエーからホットペッパー等の出版元でもあるリクルートや

ぐるなびで有名なぐるなび等、大企業がすでに参入していますし、

最近の話でいいますと、ビジネスの風雲児と呼ばれ、元ライブドア社長であり

現SNS株式会社社長のホリエモンが、まぐまぐの大川さんと

エムグランドの井戸さんと3人で、半額東京という名前のサイトを

立ち上げています。

まぐまぐ

他にも東証1部上場企業であり、総資産連結で409憶2200万円を誇る

GMOの熊谷正寿さんが、ツイッター上でGMOが運営する

グルーポンサイトの立ち上げ準備中である事をつぶやかれていたり、

聞いた事がない企業だったとしても、調べてみると運営元が、

価格ドットコムの会社だったり、アメブロのサイバーエージェントの子会社だったりと、

有名なIT企業で、手をつけてない会社はいないんじゃないかと思う程

多くの企業が参入したり、参入表明を行っています。



グルーポンとはどの様なサービスなのか


一言で言うと団体割引でしょうか。

ただ、普通の団体割引との違いはなにかというと、

自分で団体割引が適用される人数の友達を集めなくても、ネットで集められるという事

といってもお店で、赤の他人と友達の振りをしたりしなければならない訳でもないし、

相席にされる訳でももちろんありません。

あくまでお店側が、希望する人数さえ利用してくれれば割引が可能になるという事です

逆に言うと希望人数集まらないと割引クーポン券は発行されません。

例えば9月11日に100名来てくれたら、ラーメンが

10円引きのクーポンを発行しますよ!なんて内容を廃れたラーメン屋さんが、

グルーポンのサイトで募集かけても、100名なんて集まらないでしょう。

仮に、2,3人このクーポンが欲しい人が集まったとしても100人と決めた

定員割れとなってしまう為、クーポン自体が発行されなくなります。

たまにある、なんとかアイドルといくハワイツアー!!参加費299800円。

※希望者が20人未満の場合、ツアーを中止させて頂きます!

と同じ様な感じで、お店側の提示人数、希望者が居なければ、

中止にする事が出来るん訳なんですね。


グルーポンの客側のメリットとは

お客さん側は普通に買うよりもかなり安く割引された商品を購入する事が出来る。

今は特に、グルーポンサイトが次々に出来ているので、オープニングセールということで、

ありえない様な赤字覚悟のクーポンが頻繁に発行されていますし、

お店側も単純にグルーポンに参加するだけで注目を浴びる為に

広告効果を期待して、赤字設定の金額設定をしてる所がたまにあります。

例えば100名集まったら、ハーゲンダッツを100円で買えるクーポンを

100枚発行しますよ!みたいなのがちょっと前にありました。

グルーポンの本質的な店側のメリットとは

店側はクーポンに対して、日付等の期限を決めれるので、

指定した日(期間に)一定の安定した集客を見込めます

一番大きいのは期限付きでのクーポンを販売する訳なので、

クーポン所持者の中には、クーポンを購入したが、期限内に利用出来なかったお客さんも

少なからずいる訳で、サービスを行わなくても収入が入る退蔵益が期待出来る点が大きいでしょうね。

(退蔵益とは?)
チャージされた金額のうち、有効期限切れにより利用されなかった分は、 税法による収益として利益計上できます。 これを退蔵益といいます。有効期限を設定しない場合でも、発行した年度から数えて5年目の決算期において、 引換未済の未使用残高を収益として計上する必要があります。←引用
引用元http://blog.livedoor.jp/yipinhong/archives/52684676.html

とにかく今が旬でお得な、利益度外視のクーポンが多いので利用するお客さん側もお得だし

店側も今参加する事で、注目されて広告効果があると思うので、

さらに浸透する前に利用をして、美味しくなくなったら辞めた方が良いと思います。

なにやら今年の年末から、テレビ局まで参戦しだすみたいですし…

そうなったら、グルーポンじゃなくて、普通のテレビショッピングと変わらない気がしますが…

以上がグルーポンというサービスでした。

グルーポンの出資者である、半額東京のホリエモンが退蔵益について語っています。

この動画の9分30秒ぐらいから


          ↓↓これがグルーポンサイト↓↓









スポンサーサイト
楽天


相互リンクRSS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。