猫でも出来るツイッター

ツイッターの機能の説明からツイッターで生まれたニュースや事件まで幅広くお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本を変えるかもしれない、17歳の社長

12月で一番、ツイッターで知って衝撃を受けた人物を書きたいと思います。

私が12月に一番衝撃を受けた人物はウメケンこと、梅崎健理 さんです。
ウメケン ツイッターアカウント
ウメケン

ソフトバンクの孫さんの3人目にフォローされた、現在17歳の高校生といえば、ピンと来る方も多いのではないでしょうか?

彼は現在、17歳でパソコン暦が12年であり、なんと今年の12月1日に起業をして、17歳にしてディグナという会社を東京に立ち上げ、社長となりました。

彼をあまり知らない人の中には、孫さんにフォローされたから、注目を受けて、そのまま勢いで起業をしたラッキーな人だなぁ。だとか、実績を実力と判断しない人も多いと思います。

私も彼の話を聞くまでは、起業といっても、後ろに誰か大人の人がいて、会社のマスコット的存在なのかな?みたいな感じで思っていました。

そんな先入観も、ツイッターでの津田大介さん経由で見た、視聴者が250人程度のUST配信にて、ウメケンさんがゲストで出演されていて、彼が孫さんにフォローされた経緯等を聞いて、彼への見方が大きく変わりました。

孫さんにフォローされたのは偶然ではなく、彼の戦略の結果


彼が孫さんにフォローされたのは、戦略の末の結果だという事です。どういった戦略を使ったのかというと、孫さんの嗜好や性格を分析して、ツイッターに登録して間もない、フォロワー数も現在の70万人とは比べ物にならない位少ない頃の孫さんに、竜馬についてや今の世の中について、ツイッターを通じて、積極的に孫さんに話かけたとウメケンさんは言っていました。偶然ではなく、孫正義という男を分析し、孫さんの趣味や嗜好にあわせた、効果的な言葉を選んだと。

具体的な戦略とは


孫さんは高校生1年生の時に自ら自主退学をし、アメリカに留学を行きましたが、渡米前に日本マクドナルドやトイザらスの創業者である藤田田さんに会う為に、会社に直接アポなしで向かい、何度もの門前払いの末、根負けした藤田さんに社長室に通されて、アメリカに渡米留学する際に自分はどうするべきか?といった事を尋ねたというエピソードがあります。

このエピソードにならい、ウメケンさんは孫さんに『あなたが高校生の時、藤田田さんに会いに行った様に、僕も孫さんに必ず会いに行きます!』とツイッターを使い、孫さんに伝えたと言っていました。

高校生という自分の肩書きにはネームバリューがある。


さらに、自分を客観視した場合、高校生という肩書きには、かなりのネームバリューがあるので、孫さんによりアピールしたという計算高さ、そして孫さんだけではなく、視覚的に周りに分かるようにサムネを学生風にするといった、周りへの徹底したアピール。

こういった、相手に合わせた分析力。そして、分析の末の効果的な自己アピール力。聞けば聞くほど、孫さんにフォローされたのは偶然かもしれないけれど、偶然だけでは成り立たない、それに至るまでの細部までに計算されたプロセスの緻密性を知り愕然となりました。

数十年と立たずとも、数年で日本を変える存在になるかもしれません


彼は現在、生まれの福岡県から飛び出し、今年、2010年の12月に東京にてディグナという会社を立ち上げました。

彼の戦略等を聞くに、恐らく自分の意思で起業を決意したと思われます。今がチャンスだと見た、彼の行動力の高さ。

彼を知れば知る程、17歳という色眼鏡で彼を見る事の愚かさに気付く事でしょう。

そんなウメケンさんの今後の動きに注目していきたいなと思います。現在17歳ですが、そう遠くない未来、もしかすると、日本を動かす様な人間になっているかも知れませんね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/12/29 06:56 ] 今日のニュース | TB(0) | CM(0)

ツイッターの色々な使い方と利点

■ 日本一早く正確なニュースを知る事が出来る。


最近では、ネットの情報が1次情報になってテレビや新聞に流れるみたいな出来事が
頻繁に起こっています。例えば、尖閣諸島のYouTube流出等。

私は尖閣諸島の流出のニュースについては、ツイッター上で夜の22時頃に情報を

手に入れました。2時間後の24時にヤフーのトップニュースとなり、その5時間後に

テレビで初めて放映されました。そんな感じでツイッターを利用する事で今、現時点では

日本一早くニュースを手に入れることが出来ると言えるでしょう。

ただ、日本一となったら、2ちゃんねるの方が早いのでは?という方もいらっしゃるかも

しれませんが、ツイッターでは、色々な政治家やジャーナリストが実名にて登録しており

尖閣諸島の様な大きなニュースの時は、その情報が本当なのか?嘘なのか?を

直接現場に精通した、政治家やジャーナリストがリアルタイムで教えてくれる点が

2ちゃんねるとの大きな違いであるといえます。

■ いつでも知らない人と興味のある話題で話せる


ツイッターでは、色々な事について検索が出来る訳です。例えば、今見てるドラマについて

誰かと話がしたいなぁと思えば、そのドラマについて、ツイッター上で検索する事で、リアル

タイムで、観ているドラマについてつぶやいている人を検索する事が出来るんです。

現在日本のツイッター利用者は1000万人を超えるといわれています。

これだけの人数がいれば、24時間、どんな話題でも検索すれば、話相手になれる人が

居るのではないでしょうか?また、英語などが出来たりすれば、世界中の人と繋がりあったり

も可能です。

■ 有名人との距離が縮まる。


ツイッターの登録者の中には複数芸能人が居たりします。例えば、宇多田ヒカルさんとか

浜崎あゆみさん。他、芸能人に限らず、会社の有名経営者であったり、芸人さんであったり

色々なジャンルの著名人が登録しています。

ツイッターでは、そういった、芸能人や著名人に直接連絡のやり取りが出来る訳です。

浜崎あゆみさんや宇多田ヒカルさんにファンが質問したら、本人が直接、毎日の様に

答えてくれています。

こういった、直接的なやり取りは、今までの主流であった、ブログではありえなかった

光景ではないでしょうか?

■ 勉強が出来たり、雑学の知識が豊富になる。


ツイッター上では、BOTという、自動つぶやきプログラムが何種類もあります。

こういったBOTというのをフォローする事で、英単語を自然な形で表示させる事によって

英単語が自然と覚えられたり、雑学のBOTをフォローすれば、雑学に詳しくなったり

出来るかもしれません。

■ 話をまとめる力を養うことが出来る。


ツイッターの特徴として、140文字の文字制限があります。

140文字って短くもあり、長くもある。微妙な長さなので、気軽に投稿出来る

気軽さ。そして、中身のある話題を出来る限り短く、わかりやすい伝えるといった

文章力がツイッターでつぶやき続ける事で、向上するかもしれません。
関連記事
[ 2010/12/22 14:42 ] 今日のニュース | TB(0) | CM(0)
楽天


相互リンクRSS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。