猫でも出来るツイッター

ツイッターの機能の説明からツイッターで生まれたニュースや事件まで幅広くお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

現在ツイッター上で新手のスパムが大流行してます。

現在ツイッター上で新手のスパムが大流行してます。症状としては、勝手にRTされたり、画面がおかしくなって制御が不能になったりしてます。

私のツイッターアカウントでも勝手にRTされてしまい、画面が制御出来なかったので、ブラウザーを変えてログアウトし、その後一応クッキーの削除をしました。

詳しい症状に関しては秒刊サンデー(クリックで飛べます)
の方で書かれてます。


現在、公式、Twitter.com、Twitter.web、Tweenでのログインしての使用は危険 みたいです。
とりあえずは、ツイッターをしばらくはログインしない方が良さそうです。

復旧等のお知らせは大規模な事になってますので、ヤフーのトピックスやテレビのニュース等で大々的に出ると思います

とりあえずしばらくはツイッターの利用は避けた方がよさそうです。

また、今回の騒動は少し前からXSSの脆弱性は問題視されていたのに、ツイッター社側の問題意識が低かった為に、大規模になったとの噂もある事から。ツイッター社に対してこの件に関しての厳しい声があがりそうです。

ツイッターバグ動画


また2ちゃん上では
■今回の騒ぎはソースコードによるブラクラの一種
・ウィルス感染
・アカウント乗っ取り
とは関係ないものの、ブラウザのクッキーはぶっこ抜かれた可能性有り。
念のためブラウザのクッキーとテンポラリファイルの削除はしておくこと

■対策と処理
 ・騒ぎが収まるまでブラウザでの閲覧はやめること。
 ・インターネットオプションのクッキー・一時ファイル削除
 ・念のためjavascriptを全てOFFに。 コンパネで一時ファイル消去も。
 ・RT感染してしまった人はログアウト後、モバツイで感染RTを消去すること。 ←※最重要

現在FireFoxにNoscriptをいれれば問題なくwebから見ることができる
Operaでも大丈夫との報告あり
公式のクライアントも危険。


追記  ↓のリンク

XSSアタックについて認識し、パッチによる修復作業を行いました。 1 hour ago
XSSアタックについて認識し、パッチによる修復作業を行いました。
こうした脆弱性に関しての情報は、@safetyまでお知らせください。
しばらくすればパッチが完全に動作するようになるはずです。
その際には再びお知らせします。

更新:パッチでの対応が完全に完了しました。[日本時間: 22:50]

修復されたようです。不安な方はとりあえず朝ぐらいまでは
ログインしない方が良いかもしれません。
[ 2010/09/21 23:06 ] 今日のニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

楽天


相互リンクRSS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。