猫でも出来るツイッター

ツイッターの機能の説明からツイッターで生まれたニュースや事件まで幅広くお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

相互フォロー推進者が強引に進める理由

ここ最近メディアジャーナリストであり、ツイッター愛好家として有名な

津田大介さんと相互フォロー推進委員会なるグループとの

言い合いや、相互フォロー推進委員会と反対派の言い争いだとかが

話題になってます

(クリックで写真が大きくなります)
相互ふぉろー



なぜ相互フォロー者が相互フォローを進めるのかについて考えてみました。

そこで私なりの一つの結論が出ました。

この結論が100%合ってる訳ではなく、あくまでも私なりの考えです。

実はツイッターにはフォロー数にある縛りがあります。その縛りとは

ツイッターのフォロー人数は2000人から、フォローされてる人数の

1,1倍でしか増やせなくなります。

つまり、2000人フォローしたら、1780人フォロー返し、つまり相互フォローをしてくれないと

2001人目をフォローするのは不可能なのです。

じゃあ2000人以上、どうやって増やすのか。

私は相互フォロー推進者です。みんなで繋がりを持って相互フォローしていきましょう

そう理由をつける事で、相互フォローがまるで正しい事の様に見せて

言い続けることで、ツイッターを始めたばかりの人を

ツイッターではこれが正しいんだ。みたいな事を植え付けさせています。

そうする事で、フォロー人数が増えて、5万人、さらには10万人

どんどん増えていっています。

相互フォロー委員会の進める建前上の理由は、相互的にフォローする事で

人と人との本当の意味での心の繋がりが出来るというのが理由ですが

人との繋がりを大事にする人が5万人や10万人の

つぶやき内容を見たり、コミュニケーションを取る事が出来るでしょうか?

本当にそんな事を考えているなら。ある一定の人数まで増えたら、

これ以上の人数と繋がりをもっても、十分に心の繋がりをもてないので

フォローする事もフォローされる事もしませんというのが普通では?

恐らく実態は、フォロワーを数としか判断してないので

10万、20万になった時に、その増えたフォロー人数を

これが私の功績ですよ。20万に信頼されている私を信じて下さい!

20万人に信頼されてる私の商品を買って下さい!

と利用する為ではないかと見ています。

本来ツイッターは自由なんです。なにをするのも基本的には自由。

友人との連絡のやりとりだけに使っても良いし、前に書いたように

情報を手に入れるRSSリーダー的役割で使っても良いと思います。

また、半匿名SNSでのミクシーや同じくIDでひとりひとりを

把握してる、実は半匿名である、2ちゃんねるとの

けなしたり、暴言を吐く人間をブロック出来る。

つまり、この人とは合わないなぁ。だとか、この人のつぶやきを

見たくない、連絡してもらいたくない。という場合は

ブロックをしたり、フォローが解除したり出来るのです。

だから、ミクシーでたまに言われる、コミュニケーション疲れは

ツイッターでは起こりませんし、コミュニケーションに疲れてしまったら

自分でその部分を防いで、情報入手ツールとして使う事も出来ます。

色んな使い方が出来るからこそ、支持されている部分もあるのだと思います。

もちろん自由だからこそ、相互フォローするのも自由です。

ただし、自分の考えを脅迫めいた言葉で、これが正しいんです!

みたいに押し付けるのは個人的にどうかと思います。
いろいろあってよいと思いますが、
フォロワー数が増えるたびに報告しあい、
ほめてほめられて、しかもそれをRTでやる方たちは、
自分とはちがうと、距離をとっちゃいます。
理解しようと思わないし。


それでいいと割り切って。
楽にやるのが好きなものですから。
[ 2010/10/09 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

楽天


相互リンクRSS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。