猫でも出来るツイッター

ツイッターの機能の説明からツイッターで生まれたニュースや事件まで幅広くお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツイッター上で孫正義を批判した大企業社長がなりすましだということが判明

ソフトバンクの社長である孫正義さんが行った100億円の寄付に対して、『ビジネス的なメリットがない。経営者としてリターンのない寄付行為は失望』とメッセージを送り、孫さんに『投資家失格で構わない』と返信されるやりとりが昨日ありましたが、このメッセージを送った社長がなりすましだということが判明しました。

この、経営者として資質を疑う発言をしたイオンファンタジーの社長を名乗る人物。多くの人が発言に違和感を感じたためにイオンファンタジーに問い合わせたところ、なりすましであり、健在警察に通報の上対応協議中だそうです。

イオンファンタジーなりすまし

今回、なりすましだということがすぐに判明しましたが、それでもイオンファンタジーの風評被害は少なからずあるでしょう。100万人のフォロワーを持つ孫さんとの間でのやり取りなんですから。

今回の件、簡単には収まらない気がします。もしかすると発言者が逮捕されるような大きな事例に発展するかもしれませんね。

ツイッターでの発言、特定は可能なのか?

おそらく、今回のケース。大事へと発展した場合、特定は可能だと思います。特定されないようにするには相当の知識とスキルが必要でしょうから。

なりますましは今回の件に限らずたくさんいます。今回の件が大きくなれば淘汰されていくかもしれませんね。ネットを使う上では最低限のマナーとリテラシーを持ちましょう。

[ 2011/04/07 15:16 ] 今日のニュース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

楽天


相互リンクRSS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。